模試後の急激に学力を伸ばす方法! | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2016年 8月 28日 模試後の急激に学力を伸ばす方法!

こんにちは!東京農業大学農学部4年の室伏です!
台風が迫っており、天気が落ち着かないですね!

さて、本日は模試です!
なので、模試後の大切な話をします!

そもそも、何故模試を受けるのでしょうか?

今の自分の実力を測るため?受験生だから?みんな受けてるから?

私は、 「合格するための学力を伸ばすため」と考えています。

模試を受けると帳票が返却され、自分の現状が数値となって現れます。

この数値から自己分析を行い、出来ていない所や改善した所が明確になります。

この明確になった部分を今後の勉強に活かす。すると質の良い学習が可能となる!
これが模試を受ける意味です。

では具体的に話しますね!

〇必ず行ってほしい事

①自己採点

②解説を見ながら復習&自己分析

③次の模試に向けて学習プランを立てる

まず①自己採点ですが、必ず行って下さい!!!
帳票帰ってくるから必要ないじゃん、、と思っている方、センター試験本番でとんでもないことになりますよ・・・!

と言うのも、本番のセンター試験は成績をすぐ確認する手段が自己採点しかありません。
しかも自己採点に慣れてないと正確に行えません!

従って、確実に行いましょう!

次は②解説を見ながら復習&自己分析です!
模試を受けっぱなしではとてももったいないです。模試は一種の問題演習なのです。
問題集と同じように、解説をしっかり読んで解答までの論理を理解しましょう。

そしてその後は自己分析です!今の自分の学力状況を把握しましょう。

例)
英語は今回何故この点数になったのか?
→長文を読んでいる時分からない単語が多かった
→語彙力が足りてない

このように感覚ではなく、論理的に学力を把握することで課題が明確となります。

最後は③次の模試に向けて学習プランを立てるです。
自己分析の結果を基に、今後に向けて学習プランを立てましょう。
手順は、目標を明確にする→やるべきことを考える→計画を立てる がおすすめです。

目標はいつまでに、何を、どのぐらいを明確にしましょう。
やるべきことが分からなければ、担任助手に相談してください。
計画は3か月、1か月、1週間、1日の順に立てると具体的になります。

以上です!

模試が終わった後は一喜一憂するのではなく、前に進んでください!
本番は刻々とせまっています。受かるために何をするか考えていきましょう!