諦めない者だけに合格のチャンスがある | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2017年 2月 4日 諦めない者だけに合格のチャンスがある

おはようございます!

明治大学理工学部情報科学科1年担任助手の小野寺です。

 

さてさて今日は何について話そうかなと考えたところ…ちょっと自分の体験談を話そうかなと思います。

明日は明治の全学部統一入試なんですね。

自分が仙台で受験してから1年がたつのだと思うと本当にあっという間だなって思います。

明治の全学部が私大入試の始まりで両親に「いってきます」と言って、家を出て、緊張しながら友達と会場に入ったことを今でも覚えています。

そして、試験は全くできませんでした。

試験が終わって迎えに来てくれた母親の顔を見たとき涙が止まりませんでした。

「あぁ、自分何やってるんだろう。」って。

でもその時、母親は満面の笑みで「おつかれさま。がんばったじゃん。結果なんてまだ分からないんだから、信じて待ってなさい。」と声を掛けてくれました。

その言葉に私はとても救われ、応援している人のためにも最後まであきらめちゃダメなんだと痛感しました。

 

合格発表の日、私と母親は家で携帯を握りしめていました。

恐る恐る受験番号を入力したとき、画面には

「おめでとうございます。合格です。」の表示。

私は大喜びし、今度は母親が涙を流していました。

結果的に第一志望には合格しなかったものの、今こうして明治大学に通えていることを誇らしく思っています。

 

私が皆さんに伝えたいこと。それは、

“諦めない者だけに合格を勝ち取るチャンスがある”ということです。

結果なんて合格発表の日までわかりません。

できなかったからと言ってそこで終わったわけではありません。

最後の最後まであきらめないください。

みなさんが納得のいく結果で受験生活締めくくれますように…。