長時間勉強のすすめ | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2017年 8月 3日 長時間勉強のすすめ

 

皆さん夏をいかがお過ごしでしょうか?早稲田大学文化構想学部二年の鈴木亮平です。

 

夏休みは15時間勉強しろと言われて実際にできていますでしょうか??

 

実際にやってみると純粋に15時間勉強するのは難しいと思います。

私は正直毎日15時間勉強することは不可能だと思っていました。

ストップウォッチで分単位で計測していたこともあり、なかなか数字が伸びませんでした!!

このあきらかに難しい15時間勉強の実現のためには、徹底的にすきま時間を埋めることが必要でした。

 

私は自転車での移動時間ですら勉強時間にしていました。自転車での勉強は、単語帳のリスニングや政経の時事問題対策のラジオニュースを聞いたりしていました。

自転車に乗りながらイヤホンを付けることは法律で禁じられているのですが、それは両耳を付けている状態であって、片耳だけの装着は法律的にはOKらしいです。(お巡りさんが言ってました。)

 

他にも各教科の勉強時間の隙間でだれてしまわないように、隙間には15分くらいでできる軽い勉強(一問一答や公式チェック)などを用意しておきました。それで効果的に時間を活用することができました。

 

食事の時間やお風呂の時間もなどもなるべく勉強に触れられるように英語のリスニング音声を流すなどしていました。

 

正直これだけやっても15時間を目指すのは難しいものがありました。しかし15時間勉強したときに得られるものは、知識だけではありません。大きな自信も身に付きます。

 

それだけ頑張れたということをばねに受験勉強を突き進めるといいと思います。

 

是非参考にしてみてほしいです!!