「あの人、頭良いよね!」・・それ、ほんとですか? | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2016年 9月 2日 「あの人、頭良いよね!」・・それ、ほんとですか?

台風なのに東北へ行ってきました、鈴田です。

久慈という町を見てきたのですが、僕の行った翌日に台風が来て水没してしまったので

かなりビビりました。

 

 

さて

多くの人が夏休みを終え、二学期を迎えたと思います。

受験生は当たり前のように勉強をしていると思いますので

まだ受験生になりきれていない人たちにメッセージを送ります。

 

昔昔、といっても最近ですが、東進ハイスクールでこんな調査をしました。

それは「良い成績の人と悪い成績の人の差はなんだろう」

です

 

ここで、答えを出す前に

みなさんに考えてもらいたいと思います。

良い成績の人と悪い成績の人の差は何ですか?

 

なんだと思いますか?

 

 

 

 

・・ちゃんと考えましたか?

自分の答えを出すまで、下の方を見ちゃだめですよ笑

 

 

 

 

はい、正解を発表します。

正解は

「時間」です。

成績の良い人はたくさん勉強をして、悪い成績の人はあまり勉強をしていなかったということです。

 

こんなことを言うと、センスやもって生まれた頭の良さも関係あるんじゃないの?

という反論をいう人がいると思います。

確かに、個々人での差はあるかも知れないけれど

統計をとると、やはり学力の差というのは学習時間の差なのです

 

 

受験勉強はどれだけ勉強したのかで、結果が決まってしまいます。

時間は戻ってきません。

高校二年生の今はじめなければ、本当に取り返しのつかないことになります。

 

自分ならなんとかなるだろうという甘い考えは捨ててください

何とかなるかも、ではなく頑張るのみです。

 

勉強が頑張る人が一人でも増えることを願います。