メンタルブレイクについてのお話 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2020年 9月 8日 メンタルブレイクについてのお話

こんにちは!担任助手一年の谷です!

 

私事ですが、このご時世なので最近友達と全く会ってなくて寂しいです、、。

こういうとき、自分にとって友達の存在がどんなものだったのかということを実感させられますよね!

 

さて、今日のテーマはメンタルについてです。

 

私が受験生の時のメンタルは生粋お豆腐メンタルでした(:_;)

模試の結果を見ては落ち込み、過去問の成績を見ては落ち込み、、、

自分の出した成績に喜ぶことは滅多にありませんでした。

 

しかし、自分でも落ち込んでいても仕方がないことは頭では分かっていたので、

「この結果を活かしてまた次頑張れば大丈夫」

と自分に言い聞かせてました。

 

担任助手になり、自分の担当生徒を複数持つようになった今、

”メンタルブレイクも受け止める”

ことも受験生にとって勉強するほかに大切なことの一つであるのではないかと感じるようになりました。

 

「受験生なのだからメンタルブレイクしてしまうのは当たり前」くらいの意気込みを持って日々勉強に取り組むと、自分による自分自身へのプレッシャーや負担は少しずつ軽くなるはずです。

 

時には自分の好きな食べ物を食べたりテレビを見たりして、休憩を設けてもいいのではないかなと思います。

ひたすら24時間勉強するのも入試まで体力が持つか不安になりますからね。

ほどよく休憩することも大切ですよ^^

 

高校三年生にとってはあと半年ほどの受験生活。長いようでとても短いので、一日一日を大切に、心を豊かに保ちながら勉強していきましょう!

 

私たちも応援しています!!