全国統一テストまであと10日‼ | 東進ハイスクール 成城学園前駅北口校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 27日 全国統一テストまであと10日‼

ここ数日で一気に気温が変動して、去年まではほとんど制服で過ごしていた僕からすると冬物の服が絶望的に少なくて困っている担任助手1年の山下です。

 

 今回は全国統一高校生テストが近づいていることもあり、模試の受ける意義について少しばかり話していこうと思います。

 

 まず模試を受けるに当たって大事なことって何だと思いますか??

模試をただ受けるだけではその効果は半減どころか、時間と労力、お金をかけている割にはそのリターンは少しばかりしか得られません。ではどのようにすれば模試をより有効活用ができるでしょうか。僕が思うに

三段階の過程をきちんとこなすことで模試を受けて自分自身の成長につながることがあります!!

 

 第一段階としては、模試でいい成績を出すために戦略を立てることです。例えば、前回の模試ではあまり英語の成績が振るわなかったので今回の模試では英語の成績を伸ばしたいから、前々から長文読解の練習を日頃やってみよう!!などです。要するに普段の勉強をより効果的にするには、模試本番からの日数を鑑みて自分なりに計画を立てたうえで勉強することが良いのです。普段の勉強は勿論受験本番に向けてのものなのは当然なのですが、それではあまりにも長期的で現実的に感じられない人が多いでしょう。ですから二か月おき程度に模試を受けて、その間の勉強成果を発揮する場として模試を受けるのだという認識を持っていると良いのではないでしょうか。

 

 第二段階は模試を受けている最中についてです。模試というのは本番に一番近い状態を体験できる場です。その模試までに勉強成果をフルに活かしたいと思うと、どうしても緊張してしまいますよね笑それがいいのです!!その緊張感は実際の入試ではもっと感じますよ笑なので、その耐性をつけるという意味でも模試を受ける意義があります。実際に模試は時間制約がきちんとあるので、その間にいかに自分の実力を発揮できるかを試す訓練にもなります。特に今回の全国統一高校生テストは実際の共通テストを模しているので時間配分をしっかり決めて取り組んでみてください!!自分で時間配分を事前に決めておくことは点数の向上につながります。

 

 第三段階としてはその模試が採点され帰ってきた時の対応です。まず自分がこの模試で結果を出そうと思っていた科目がどれだけ成果が出ていたのか、次の模試で伸ばすべき科目などを点数や偏差値から吟味して考えてみてください。もし以前よりも伸びている科目があったならば模試を受ける前までの勉強が正しかったのだと喜んでください!!逆に時間を割いたけれども伸び悩んだならば、その科目の勉強方針を今一見直し、なぜ伸びなかったかを考えてみてください。もし一人で結論に至らなかったなら我々助手に是非とも相談してみてください!!また、実際に解けなかった問題などで周りがかなり得点していた問題は今後落としてはならない問題だと思うので、そこの復習の徹底は確実にやってください。

 

 以上の三段階をきちんとこなすことで、模試を受け、成績をより効率よく上げることができると思うので皆さんしっかり模試に向けてそして受験に向けての勉強を頑張ってみてください!!