共通テストまであと100日!! | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2020年 10月 8日 共通テストまであと100日!!

 

みなさんこんにちは!担任助手二年の山口鞠花です。皆さん勉強はかどっていますか?

今日のタイトルはズバリ「共通テストまであと100日!」です!寒気の走る文字の並びですね。

私の担当生徒はもうすぐ2ケタになるね~と話すとめっちゃ嫌な顔をします。笑

私も2年前は受験生でしたが100日から99日になった瞬間一気に時間がないことを痛感しました。

まだやることがいっぱいあるのに…、本番に取るべき点数なんて絶対に取れない…と感じる人も多いのではないでしょうか??

 

100日を切った受験生の皆さんには、「今よりもやる」を肝に銘じて下さい。

どうしよう…と何も手につかなくなる時もあるかもしれませんが、受かりたいならやるしかありません。

今やっていることに上乗せする形で一日の密度を上げていきましょう!

最低限やることはインプットの受講、アウトプットの過去問演習、弱点補強の暗記や単元ジャンル別演習です。学校が終わってから校舎が閉まるまでになるべく終わらせられるように、集中して頑張りましょう~

もう使える時間がないという人は、もう一度だけ毎日の生活をふりかえってみて下さい。優先順位を考えて何がいるのかを考え、また一日のどこで時間を使えるか、厳しい目でチェックしましょう!

登下校や東進が閉館した後の時間も外してはならないスキマ時間です。残り99日なら少し無理するくらいがちょうどいいです。(しっかり寝て下さいね!)

 

また、本番に持っていくものの準備をする期間に入ることも意識してください。

皆さんは共通試験や一般入試の当日、開始前に何を見て試験に臨みたいですか?

初めて読む参考書や新しく覚えることが載っているものをわざわざ見る人はいませんよね。その時間に過去問演習を始める人もいないと思います。

私たちが当日に見るおすすめのものは①使い古した一番お気に入りの参考書②自分の苦手なところが詰まったまとめノートです。

①と②を組み合わせた「東進のテキストや歴史の教科書に要点を全て書き込んで持っていく」というひとも割と多いと思います。

緊張感MAXの受験会場で自分のやってきたことを思い出して落ち着きながら、自分の頭にまだ入り切っていない、自分専用の苦手を見れる状態を理想にして今から準備をしていきましょう!

 

最後に、もう時間がない!と思っているあなたへ。

受験が終わった今思うことは、最後の100日というのは意外と長いです。辛すぎて長く感じたり、突然10日くらい消えたように感じたりするかもしれませんが、毎日程よい危機感と緊張感を持てばきっと今までの何倍の力を付けることができると思います。一日一科目過去問をやっても文系なら単純計算で30年分できますが、私は2月の本番までにそれ以上の演習が出来ましたし、10月の模試から12月の模試まで偏差値は10伸びました。

助手になってからもこの時間を嘆くのではなく力に変えた生徒がグングン実力を伸ばして合格した姿を見てきました。

さあ、あなたは残り100日どう過ごしますか??

自分にできることを考えて今から行動に移していきましょう!