内部生向けイベント「志作文コンクール」について | 東進ハイスクール 成城学園前駅北口校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 17日 内部生向けイベント「志作文コンクール」について

【志作文コンクール】

 高1.2生のみなさんこんにちは!担任助手2年の長尾です!
 
 今日は、只今実施期間中の「志作文コンクール」についてお話ししたいと思います!
 
 
-志作文コンクールとは?-
 
 
 志作文コンクールとは、低学年対象に実施されている、自分の夢や志について作文を書き、コンクールに出品するというものです!来年5-6月頭で実施されています。志作文を書くことによって、自分の夢や志を具現化し、勉強のモチベーション長期化につなげていきます。
 
 
 なぜ、今この低学年の5月に実施するのかというと、低学年のはじめのうちに自分の志を強くもってもらいたいからです!
 
 
高校3年生になれば、周りはみんな勉強し始めます。ただ、今みなさんの周りはどうでしょうか。まだ受験生の意識が芽生えていないお友達も沢山いると思います。
 
 
そんな中東進に入学して一足早く受験勉強を始めたみなさんには、その大きなチャンスを掴んで欲しいのです。今のうちから志を高くもって、勉強に励んで欲しいと思っています。
 
 
ですから、この志作文コンクールを活用し、自分が勉強する意味を、今一度見直してみましょう!!
 
 
-概要-
 申込期間:2022年5月1日(日)~6月3日(金)
     ※成城校の一次締切日は5月22日(日)です!
 対象:高1生・高2生(ハイスクール・衛星予備校 内部生限定)
           ※中学生は対象外です。
 賞品:二次審査で決定した上位30名 Mac Book Air授与
   一次審査を突破し上位30名に入らなかった方 iPad mini授与
 (詳しくは、東進スタッフまでお問合せください。)
 
 
– テーマ-
 あなたが活躍する20年後、30年後の社会を想像した上で、
1、2のことを盛り込んで、1,200字以上で課題文を作成して下さい。
 
 
 世界では、グローバル化の進展、絶え間ない技術革新によるIT時代を越え、AI時代が到来し、パラダイムシフトが起きています。
 
 
これから、ますます世の中の変化のスピードは加速し、まさに予測不可能な時代になると言われています。
 日本においては、少子高齢化、生産年齢人口減少という構造的な課題を抱え続けており、この50年で、世界の中での立ち位置も大きく変化しました。
 
 
 このような中、アフターコロナの社会形成や国家間対立など、新たな課題にも直面し、厳しく、挑戦の時代を迎えています。
 
 
 いつの時代も、人々は多くの困難・課題に直面してきましたが、一見困難と思われる状況に立ち向かい、道を切り拓いてきたのは
 
 
「若く可能性に溢れたリーダー」たちでした。
 
 
 2022年4月1日、成人年齢が18歳へと引き下げられました。高校生にとって、政治や社会が一層身近なものになると共に、将来は、
 
 
個人・社会・国家の成長を実現する当時者になり、複雑化・多様化する社会・世界の中で、新たな価値を創造し、課題解決することを期待されています。
 
 
そのような状況の中で、
 
 
1.あなたの夢・志は何ですか。あなたの夢・志の実現が、社会にどのような影響を与えますか。
2.それを実現するために、高校生・大学生の時期に、どのような知識・力をつけるべきだと考えますか。
また、どのような方法や、どのように行動で、その知識・力をつけようと考えますか。