受験時代の失敗談No.7 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2014年 12月 2日 受験時代の失敗談No.7

こんばんは、担任助手4年生の神原です。

昨日に引き続き、『受験時代の失敗談』についてお話をしたいと思います!

私が今受験時代を振り返って失敗したなぁと思ったことは、志望校がなかなか決まらなかったことです。

今までのブログで何回か言ってきていますが、私は志望校を決めたのが高3の8月でした。

それまで国公立志望にしようか、私文にしようか迷っていたため、選択科目である世界史がかなりの時間をかけているにも関わらず成績が伸びなかったことで、当時世界史より得意だった数学を選択科目にしようかずっと悩んでしまいました。

何か目標を達成するときは方向性を決めておかないと、その目標を達成するためにすべきことが何かわかりませんよね。

なので、志望系統や志望校はなるべく早めに設定しておく必要があると身を以て感じました。

 

また受験期の失敗としては、受験に関わるすべての書類や事務作業をすべて親任せにしてしまったことです。

両親の好意と私のわがままでこうしてしまったのですが、今考えると受験の結果をどこか人任せにしてしまっていた気がします。

東進で受験勉強を頑張る!と決めることが自立の第一歩だと伝えていますが、受験も自立の大きな一歩だと思います。

「結果は自分が責任を取る」

大学生になったらもう大人です。受験で一回りも二回りも大きくなれると思います。

頑張っていきましょう☆

 

★東進からのお知らせ★

勉強に不安を感じている方はこちら!冬期招待講習がはじまりました^^☆

今なら3講座無料 で授業が受けられます↓↓

冬期招待講習の申し込みはこちら