受験生へ | 東進ハイスクール 成城学園前駅北口校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 3日 受験生へ

1日の寒暖差が大きくなって服装調節が難しい…!!制服が恋しい、、、と思っている今日この頃です。体調管理には気をつけたいですね。

 

 

中央大学理工学部応用化学科の三枝です。
 
 
 
早速ですが受験生の皆さん、大学入試最初の関門と言われる共通テストまであと何日でしょうか!!このブログがあがる11月3日頃には残り72日ですね。約2ヶ月となったわけです。
 
 
 
ここからは大学受験を初めて経験する現役生にお伝えしたいのですが、
現役生はこの冬に最大の成長を迎えます!!
 
 
 
この中で聞いたことある人もいると思いますが勉強の成果はすぐには出ないんです。これがとても顕著になるのがこの冬だと思います。
 
 
 
皆さんの中には受験生、いやそれ以前の中学生や高1生の時から一生懸命勉強してきて積み上げてきた人もいると思います。そしてこの夏の夏休みが終わっても多くの時間を勉強に割いてきた。
こうやってみてみると皆さん一人ひとりが夢に向かって努力しているんですよ。
特に夏休みが終わってからの勉強の成果が出るのがこの冬以降になります。
 
 
 
この時期は精神的に一番と言っても過言ではないほど辛いと思います。単調な毎日を繰り返して、でも結果はなかなか付いてこなくて、、、という人も多いと思います。
しかも模試、過去問も多くて正直大変。
ただ、これだけは言いたい!!
 
 
 
どんなに辛くても勉強から、現実から逃げないでください。
入試が始まれば結果も次々に出てきて現実を突きつけられることもあります。ただ、そこで勉強量を落とせばもう結果はわかりますね。
 
 
 
本当に最後に受かる人は途中経過がどうであれ最後まで勉強量を決して落としません。共通テストがおわってからの勉強量が最後の結果を左右します。
 
 
 
第一志望に受かるために、第一志望に一番時間をかけてきたのは事実です。だから途中経過が良くなかったとしても今までの頑張りをどうか否定しないでください。
 
 
 
辛くなったら今までの自分を思い返してみてください。
なぜその大学に行きたいのですか?
将来世界でどんなふうに活躍したいのですか?
高一や中学生の自分は今の自分を見てどう思うのでしょうか?
 
 
 
私も国公立の途中の私立ははっきり言って壊滅状態でした。
2月だというのに泣きすぎて勉強できない日もありましたがここまで支えてくれた家族や友達、先生、東進の方々、そして自分のために最後まで勉強量を落としませんでした。
 
 
 
大学受験を経験した人はみんなこの過酷な道を通ります。
 
 
そして、この過酷な道の先には必ず明るい未来が待っています。自分の手で掴みに行きましょう。