合格する受験生の特徴 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2020年 8月 6日 合格する受験生の特徴

こんにちは!担任助手の池谷です。

 

この蒸し暑い暑さとセミの鳴き声で夏が来たなと感じている今日この頃です。

 

さて、今回は合格する受験生の特徴です!タイトルからして驚く方もいるかもしれませんが、合格する受験生にはいくつか共通する特徴があると思います。私の主観的なものなので、参考程度にこの特徴を聞いて自分に当てはまるか考えてみてください!

 

①長期的な計画を立てている

一日一日の計画を立てることは当たり前ですが、何か月か先を見据えて計画を立てることも大切です。

 

受験生なら9月から二次私大の勉強を本格的に進めていく時期になり11月ごろまで過去問演習を中心に勉強するようになります。

 

受験本番のときから逆算していって今の時期に自分が何をするべきか考えることもできるのでこの時期に考えることが大切です。

 

②成績が悪くてもポジティブにとらえて次に進む

 

模試の成績が返されて立ち直れない受験生は多いと思います。確かに落ち込むということは自分が真剣に向き合っているサインですが、何日もそれを引きづるのは自分のためにも勉強時間の確保のためにもよくありません。

 

受験勉強は自分の努力と結果が比例する最後のイベントです。正しい方法で努力すれば成績はどんどん上がっていきます!私も英語の成績が下がってしまったときは落ち込みましたが、本番の模試を受ける前に自分の弱点が分かってよかったとポジティブにとらえて次の勉強に活かしました。

 

模試は結果ではなく、どこを間違えたか確認してそれを踏まえたうえで次の勉強計画を立てるために受けるものです。私の周りの合格した受験生はこのことも考えている人が多い印象があります。

③メリハリがある

 

勉強するときは全力で勉強して休む時は全力で休むことも合格する受験生の特徴だと思います。

 

何事も全力でやっている分、集中力が高いので質が上がり、効率の良い勉強をすることができるため、合格する受験生が多いのかもしれません。これも私の周りの合格した受験生の特徴として多いと感じることです。

 

この3つの特徴に当てはまっていたでしょうか?参考程度に見て夏の勉強に臨んでいただければと思います!