大学の授業№5 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2013年 10月 21日 大学の授業№5

こんにちは!担任助手の酒井です!

私は経済学部に通っているので、主に経済的な事や、会社を経営するのに必要なことを学ぶ授業を受けています。

その中で現代企業論について紹介します。

この授業では、名前の通り現代にある企業について学んでいます。

具体的には、今誰もが知っている有名な企業はなぜここまで有名になったか、または成功したのかを考えていくことをしています。

例えばキリンという会社では<のどごし生>という商品を売り出しています。

皆さんにはまだ縁のない商品ですが、知らない人はいないと思います。なぜのどごし生はそこまで有名になったのでしょう…?

キリンが販売するために工夫した所は<CM>です。

初期のCMでは商品の知名度を上げるため、当時人気があった女優や俳優を起用しました。

知名度を上げた次に、商品そのものの良さを伝えるために俳優よりも商品を画面に大きく出す工夫をして、

さらに社員自身が試飲のキャンペーンを町で行い実際の味を体験してもらうということもしました。

その成果もあり、キリンの<のどごし生>はここまで有名になりました。

 

このような実際の会社の事例をあげて、今後もし自分が会社を経営することになった時に

自分はどのように会社を引っ張っていくかということを考えています。

これで私の大学の授業の紹介を終わります