大門分野別演習で演習力を伸ばせ! | 東進ハイスクール 成城学園前駅北口校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2021年 9月 12日 大門分野別演習で演習力を伸ばせ!

(高1・高2生の皆さん、今日は受験生向けの内容になってしまうので、もし読んでいただけるなら将来的にこういうことをやるんだなあという思いで読んでみて下さいね!)

改めて、こんにちは!担任助手4年の鈴木凜です。

今日は受験生向けに大門分野別演習について、やっている方も多いとは思いますが、共通テストの過去問10年分が終わり始めたこの時期に再度、大門分野別演習のどんなところが優れているのか?という事について解説していきたいと思います。

毎年「この大門分野別演習をやって本当に良かった。」「大門分野別演習が一番役立った」と言ってくれる卒業生が多く、僕自身も受験生の時にそう感じたので、その良さを最大限理解した上で有効活用して頂きたいという思いで今回の記事を執筆します!笑

 

~どんなところが優れているのか~

①短時間でピンポイント学習が可能

大門分野別演習では、長くても1題にかかる時間は20分程などで、自分が勉強している範囲を短時間で、かつピンポイントに学習することが可能です。

仕上げ特訓の講座や夏期の講座をやっている皆さんは、確認テストに合格するだけではなく、該当範囲の大門分野別演習までこなして、本番で点数に繋げられるようなトレーニングをしましょう!

②直前期に大活躍!

直前期の時期は(特に12月あたり)、二次私大の過去問や単元ジャンル別演習などに時間を割かなくてはいけないにもかかわらず、共通テストでの得点を落とさないメンテナンスもする必要があります。(点数を上げていく必要がある人もいますね!)

このようにやることが多い中で、共通テスト対策割ける時間はごくわずかです。そこで、一から全て共通テストの問題を解くのではなく、自分の苦手な範囲にフォーカスして弱点克服型の学習進めることが出来れば、効率的ですよね!

大門分野別は、知って頂いている通り、個別具体的な内容を一点集中で学習できるので、直前期には大活躍してくれるはずです。勿論直前期だけじゃなく模試の1週間前とかにも活用してみて下さいね。

 

今回は大門分野別演習の優れている点について、解説させて頂きました。最近、受験生と面談する機会が特に多いのですが、まだまだ手を付けられていない生徒も多いです。このブログで”やる意義”は十分にを理解をすることが出来たと思うので、是非活用してみてくださいね!

 

 

鈴木凜