模試をどう生かすか | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2016年 9月 6日 模試をどう生かすか

こんにちは!

久しぶりに、わたくし品川健人がブログを書かせていただきます!

 

受けた人は、もう八月センター模試の帳票が帰ってきていることと思います。

結果は人それぞれだと思いますが、自分の結果をみてあまり一喜一憂してはいけません。

 

結果ももちろん大事ですがもっと大切なことは結果をどう生かすかです。模試は、初めて見えた課題や、成長したところが見つけることができ、これからの勉強方針を改めて見直せるいい機会です。これをただの精神安定剤にしてしまってはもったいないと思います。

 

 

目標を達成した人も、できなかった人も、現状に満足することなく冷静に自己分析をしてみましょう!!

 

僕としては、解説授業をうけることをおすすめします。国語など、一度わからなくなると答えの根拠が自分ではなかなか見つけられない教科や、センターを受けるうえでのコツなどを教えてくれる、非常に有意義な授業だと思います。

 

ただ、解説授業を受けるだけでは直接自分の実力の向上にはつながりません。解説授業を受けたうえで、結局どこが自分の課題だったのかを振り返る時間が必要です。解説授業は、模試を受ける最大の意味の一つである自分の課題探しにとても役立ちます。ぜひ活用してみてください!!

 

これから少し焦りがちになる季節ですが、常に冷静に自分の状況を見直すことが大切です。

 

がんばればまだまだこれからもっと伸びます!頑張っていきましょう!