私がとっている面白い授業紹介No.5 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2014年 2月 5日 私がとっている面白い授業紹介No.5

こんにちは、担任助手2年の香西孝司です!

 

僕は現在、慶應義塾大学理工学部の機械工学科に通っています。

そんな僕が面白いと思う授業は、(正直、色々あるのですが・・・)

機械創造演習

という授業です。

これは約3か月ほどかけて行う授業で、内容はというと、早い話が、

何でもいいから好きな研究、製作をしろ!

というものです。

計測に必要な器具は大学のものが、

材料としては大学の資材置き場に置いてある物が自由に使えます。

また、大学にないものが必要なときは、大学側から五千円まで費用が支給されます。

授業自体は週1回ですが、他の時間でも許可をもらえば、作業場などで作業、実験をすることができます。

そうやって進めていった研究、製作の成果は、

途中経過を報告する中間報告会

最終的な報告をする最終報告会

そして教授の方々に提出する報告書

 

の三つで周りに発信します。

報告会は、ポスタープレゼンテーションで行います。

「ポスター」とは、広告やチラシみたいなものとは全く別物で、自分の研究成果を見やすくまとめたボードのことです。

そして、ポスタープレゼンテーションとは、

色々なヒトのポスターが会場にそれぞれ設置され、

発表者はそのそばで待機して、見学者は会場を見て回る。

そして、見学者が自分のポスターの所に来たら、

発表者は自分の研究について数分のプレゼンを行うという形式のものです。

実際に行われた研究としては・・・

核融合に関する仰々しいものや、

野球の魔球「ジャイロボール」の威力について検証したものなど、

本当にいろいろなものがあります。

ちなみに僕は、ガラクタだけで作られる握力補強装置を製作しました。

報告書などについては近日公開予定なので、

今期の研究を見てみたいという人は、

慶應義塾大学の機械工学科HPをご覧ください。

こんな風に、大学には単に教えられるだけでなく、自分で考えるタイプの授業もたくさんあります。

もちろん、講義形式で大切な授業もたくさんありますが、

受験生の皆さんは、大学での勉学に期待を膨らませながら、

今からも必死に勉強して、合格を勝ち取ってください!

 

 

新年度招待講習申込み↓

http://www.toshin.com/form/shotai_es/form_hs.php?url_name=seijogakuen&cmt

 

資料請求申込み↓

https://www.toshin.com/form/es/form_hs.php?url_name=seijogakuen&cmt