私の大学紹介 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2020年 6月 9日 私の大学紹介

こんにちは。担任助手3年の鈴木凜です。

私は立教大学の観光学部交流文化学科に在籍しています。

立教大学には二つのキャンパスがあって、みなさんのイメージではツタの生えた池袋キャンパスの印象が強いとは思いますが、私は埼玉県新座市にある立教大学新座キャンパスという別のキャンパスに在籍しています!

池袋キャンパスの生徒数が約1万5000千人なのに対して、新座キャンパスは生徒数が5000人と比較すると少なく、学部数も3つしかないのに池袋キャンパスよりも敷地が広いキャンパスになっています。

勿論、池袋キャンパスはおしゃれで憧れますが、一度新座キャンパスに来てしまうとその快適さや自然の多さに居心地良さを覚えてしまいます。埼玉県とはいっても東京のすぐ上にあるいわゆるベッドタウンなので、都心へのアクセスも悪くありません。(おすすめの場所は図書館!薄暗くて勉強にうってつけ!暗い所で勉強するのに慣れてしまったので家でも照明を暗くしました笑)

次に大学で学んでいることについて話していきたいと思います。観光学部には経済や経営などよりビジネス的な視点から観光をを分析する観光学科、観光によって起きる文化現象を主に研究する交流文化学科の二つの学部があり、私は後者に所属しています。学部間の壁はほとんどなく、どちらの学科の授業も履修することができます。ぼくも交流文化学科に在籍していますが、観光学科のゼミにはいってます(笑)

日本で数少ない観光が学べる4年制大学であり、教授はその道では日本一の方が集まっています。学生も意識が高い生徒が多かったり、旅行が好きで休みさえあれ旅に出かける人も少なくありません。観光産業は国の成長戦略として進められているので、日々変化が起きる環境で時には自分の足を動かして現地に向かい調査を行ったり、多くのゲストスピーカーや観光に携わる方々とも出会うことができます。なので主体的に学びたい学生には向いていると思います!!

また、高校生の皆さんの中にはグローバルな大学に進学したいという方も多いと思いますが、立教大学はグローバル教育を進めており、ネイティブの教師が少人数のクラスを集中的に指導してくださる授業や留学生との関われる機会も豊富だったり、海外留学のチャンスも世界中に広がっています。

そして最後にどんな学生が向いているかを自分なりに考えたので参考にしてみてください!

①旅行することが好きで、観光産業に興味がある人

②机上での勉強よりもアクティブな学びをしたい人

③変化する環境に身を投じることが好きな人

④まだやりたいことが明確に決まっていない人

長くなりましたが、以上で今回の大学紹介を終わります!もし少しでも興味・関心があったら自分にいつでも質問してくださいね!今週も頑張っていきましょう!!!

鈴木凜