私の模試の復習方法② | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2020年 6月 25日 私の模試の復習方法②

みなさんこんにちは。1年担任助手の鍵山源太です。校舎が開館されて、やっと勉強できる環境が整ってきましたが、勉強ははかどっていますか?大学の授業がオンラインなので、僕は大学に一歩も入れないまま家でニート生活をしています。

今回は「模試の復習方法」についてお話したいと思います。模試は受けるだけでは意味がありません。結果が良くても悪くても、何が出来なかったのか、逆に何が出来たのか、苦手な部分を埋めるために分析する必要があります。

 私がどのように模試の復習をしていたのか書きますが、鵜呑みにはせず、あくまでも1つの例として読んでください。

 東進模試の成績表には教科ごとに点数が載っていますが、例えば英語であれば、長文、文法、並び替え、リスニングのそれぞれの点数や偏差値が細かく表とグラフに出ています。どの教科でも、この表とグラフを見ることが大事です。そして先ほどもいったように、点数が低い部分を重点的にやり直します。解説授業もあるので、それを見て復習してもかまいません。

 私は教科ごとにノートを作って、間違えた部分をその都度書き留めていました。例えば英語であれば、分からなかった単語を羅列して意味を覚えなおしたり、間違えた文法問題を書きだして文法書で確認するなどです。長文は書きだしてもしょうがないので、間違えたところをやりなおして完璧に理解した後、頭に入って来るまで何度も音読します。模試のたびにこのようにしっかり復習すれば自然と点数も上がってきます。

私を含め東進の先輩たちの言葉を参考にして、自分なりの効率的な模試の復習方法を見つけてみてください。