苦手科目の克服法No.3 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2013年 12月 12日 苦手科目の克服法No.3

こんにちは!担任助手の室伏です!
今日は朝から母校を訪問し、チラシを配ってきました笑
やっぱり冬の朝は凍てつきますね…{{ (>_<) }}
なので、上着や中に着込んで体温調節を心がけましょう!

さて、本日は苦手科目の克服法ということで・・・
僕の苦手であった生物(主にセンター)の克服法を紹介したいと思います!

生物は高校1年の時に習ったので、受験で使うと分かった時にはほとんど抜けておりました・・・orz
なので模試ではあんな点数やこんな点数をたくさん取り、偏差値は30なんて当たり前でした☆
しかしそんな僕でも9割5分取れるようになったのです!!
どうやってそのようになったのか説明します!!

①教科書を読み、分かりにくいところは参考書を使って理解する

まずは教科書を全範囲読み、生物の全範囲を網羅します!
教科書というのは知識がない人が学べるようにできています!
なので教科書を読めば自然と分かるはず!
教科書では分かりにくい箇所がある場合は参考書を使って理解します!
オススメの参考書については最後の方で紹介いたします!


②問題集1周目を終える

ある程度生物の範囲を網羅できたなら、次は実際に問題を解いて知識が正確についているか確認しましょう!
この際注意点としては、1周目を解く際は必ずマークをすることです!
1題ごとに× と振ります。それぞれのマークの意味は以下の通りです。

…即答できる問題
…時間をかければ解ける問題
…解説を見れば解ける問題
×…解説を見てもわからない問題

1周目全ての問題を解き、マークしたらOKです!
そして2周目をやっていく!
2周目の際に意識してほしいことは、、またはにしていくことです。
これを3周目、4周目・・・と繰り返していけば気が付けばその問題集はマスターしています。


③センター問題集を解く

ある程度問題集が何週も終わったら、あとはセンター演習をひたすら解きます!
センターは癖のある問題が多いので、問題に慣れる必要があります・・・
なので最低10年分を解きましょう!


オススメの参考書・問題集

参考書1「生物Ⅰ 合格39講」  (大学受験Vブックス)  田部 真哉 (著)
参考書2「生物Ⅱ 合格33講」 (大学受験Vブックス)  田部 真哉 (著)
問題集1「セミナー生物 I+II 」第一学習社編集部 (著)
問題集2「短期攻略センター生物Ⅰ」 (駿台受験シリーズ) 吉田 邦久, 佐野 恵美子, 布施 敏昭, 指田 敦史 (著)

参考書は1、2とも教科書でわからないことがある時に使っていました。
問題集1は基本的に使っていました。
問題集2はセンター対策で使っていました。この本のおかげで生物9割取れました!

こんな感じです!! 僕はこのやり方で生物を克服にしました。 是非参考にしてみて下さい!