英語千題テストの復習〜受験生編〜 | 東進ハイスクール 成城学園前駅北口校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 21日 英語千題テストの復習〜受験生編〜

こんにちは!担任助手1年の菱沼です!

 

受験生の皆さんは共通テストから1週間が経ち、私大の人はいよいよ本番という人も多いですね!最初の日程が近づいている人も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな今こそ、千題テストの復習!ということで、本日は英語千題テストの復習方法についてお話しします。千題テストは、受験生の皆さんが大晦日に受験したものですね!単語・熟語・文法・長文と分類されて合計1000問の問題が用意されていました。そちらの復習は済んでいるでしょうか?

「共通テスト対策しないといけなくて、、」「あまり点が取れなかったから復習のやる気が出なくて、、」という方はいるのではないでしょうか?

 

 

今回は、なぜこの時期に復習しなければならないのかとおすすめの復習方法の2つに分けてご説明します!

 

 

まずなぜこの時期に千題の復習をした方が良いのか。それは、私大入試が迫ってきているからです。この時期は、入試日程が近づいてはいるけど、まだ始まっていないという人が大半です。実際に試験日が増えてくると、それまでに受験した学校の入試問題を復習することが最優先になります。そうなれば千題テストの復習に割く時間はありません。

 

 

しかし千題も問題を解いたわけですから、必ず入試に出てくる単語や熟語、文法が千題テストには載っているはずです。「これ見たことあるのに、千題で出たのに復習してないから解けない!!」とならないように、今復習しておくのが最善です!

 

 

 

次に、おすすめの復習方法について。復習量が多すぎて手をつけられない、という人は、まず文法から復習してみましょう!私大英語は、依然として文法の選択問題を出題する学校も多いです。出願校の傾向として文法問題が毎年あれば、文法が最優先です!まずは千題で間違えた箇所と自身の文法書を照らし合わせて読んでみて、なぜその選択肢なのか、自分で解説できるようになることがゴールです!逆に、出願校の多くで長文問題が出される人は、単語・熟語を覚えましょう!見たことあるけど意味を説明できないものを一つでも減らすのが目標です!

 

 

 

これは余談ですが、国公立受験者で英作文がある人は、千題で意味が怪しいと感じた単語は英英辞典を引くのがおすすめです!その単語の定義ごと英語で理解してしまう感覚です!

共通テストがうまくいかなかったり入試日程が迫っていたり、各々不安があるかもしれませんが、ここまできたら「今やれることをやり切る」ことが大切です!考えたとしても、過去は変わりませんし入試問題の中身なんて分かりません!今やれることをやり切った方が、後悔しない受験になります。最後までやり切ってくださいね!!