計画立ての大切さ | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2020年 8月 3日 計画立ての大切さ

こんにちは!!担任助手1年の吉川です。

最近は暑い日が続き、いよいよ夏本番という感じですね!!!

8月からは毎日朝8時から開館してます!!!!朝登校はできていますか?

朝から勉強する習慣をつける大チャンス!!早起きして朝から元気に頑張りましょう~!

 

さて、本題に入ります。本日は「計画立ての大切さ」についてお話していきます。

面談で有言実行シートをというものを書いたと思いますが、しっかりと一か月分の予定は立てられましたか?

長期的な計画をたてるのは正直難しいしめんどくさい・・・と思った人もいたかもしれません。

しかし、夏休み、何の計画もなしに突入してしまうのは危険です!!!

有言実行シートを書いてみて、「意外と時間がない!!」「意外と過去問残ってる!!」と実感した人も多いのではないでしょうか。

受験生の皆さんは、共通テスト10年分+二次・私大の過去問10年分を8月中に終わらせることが目標です!!!

計画をたてていないと、その日の気分でやってしまって受講や過去問がなかなか進まなかったり、苦手科目に永遠と手をつけずに気づいたら夏休みが終わってた・・・!なんていう恐ろしいことが起きかねません。

一か月分の予定をしっかりとたてておけば、毎週の面談でたてる週間の予定もスムーズに立てることができると思います!

長期的な計画をたてる有言実行シート短期的な計画を立てる週間予定シート両方ともしっかり書いて有効活用してください!!!

 

有意義な夏休みを過ごすために、低学年の皆さんは受講の、受験生の皆さんは過去問の予定をしっかり立てましょう!!