長時間勉強するときの工夫 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2020年 4月 6日 長時間勉強するときの工夫

こんにちは!

ここ最近コロナの影響で家にこもりがちになっていた担任助手の松倉です!!

今日はぽかぽかして春らしい気候ですね!!

外出自粛が続いていますが、たまには外の空気を吸って、日光を浴びるのもいいですね!

 

さて、今日のテーマは”長時間勉強するときの工夫”です!!

みなさんはこの状況で毎日をどう過ごしていますか??

勉強していて頑張っている人、朝早く起きれなくなっている人、夜更かししがちになっている人、様々だと思います。

時間の使い方は自由ですが、こんなにまとまった時間を取れることは滅多にないことです。

せっかくだからこの時間を有意義に使いたいという人へ!!長時間勉強するときのアドバイスを何点かお伝えしたいと思います!!

①勉強時間を決めてメリハリをしっかりつける

長時間勉強したくても、人間なので集中力がきれてしまったり、気が散ってしまうことがあると思います。だからこそ、時間を決めて集中力が高い状態での学習を繰り返しやりましょう!!

②インプットとアウトプットを両立させる

人間、同じことをずっとしていると飽きてしまいますよね。少なくとも私はそうです(笑) ずっとインプットをしていても頭がいっぱいいっぱいになってパンクしてしまうと思います。そんな時はアウトプットをしてみましょう!方法はなんでも大丈夫です!家族に話してみる説明してみる、紙に書いてみる、声に出してみるなど、自分に合った方法を見つけてみてください。インプットもとっても重要です。でもアウトプットすることで知識は身に付き、分からないところも明確になります!!これを繰り返しているうちに知識が定着し、勉強が楽しくなり、長時間勉強することに慣れるはずです!!!

 

是非参考にしてみてください!!!!!

3週間後には模試もありますね!!まずはそこで学習の成果を発揮できるように頑張って勉強していきましょう!!