高速基礎マスターのやり方No.2 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2014年 2月 16日 高速基礎マスターのやり方No.2

こんにちは、担任助手2年の香西孝司です。

前日に続いて、本日は僕が現役のころに使っていた高速暗記の学習法について話させてもらいます。

それは・・・

とにかく短期集中で覚えこむということです。

これは、高速暗記に限らず、語彙を覚えるときに大体いえることですが、

正直、当たり前のことすぎて、「はい?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、これがなかなかできない人が多いのです。

記憶は、集中力の高い時ほど定着します。

しかし、いくら楽しく出来るように工夫されている高速暗記でも、

人間の集中力はそう長くは続きません。

だから僕は、

時間を区切って、その時間内で何語修得できるかというタイムトライアルを

自分の中で勝手に繰り広げ、一人で勝手に覚えていきました。

そのおかげで、完全習得までズルズル時間をかけずに、

まさに「高速」で「暗記」することが出来ました。

高速暗記に取り上げられている語彙は、どれも頻出かつ重要なものばかりです。

なので、これらを完璧に覚えるだけで、少なくともセンターレベル模試に関しては、

安定した得点向上が期待できます。

実際、僕は高2の10月に英文法750まで完全習得したのですが、

そこから本番まで、センター型の模試で英語の点数が8割を下回ったことはありません!

(高3になってからは、ずっと9割越えをキープしていました)

招待講習生のみなさんは、センター英単語1800を体験することが出来ます。

これまでなかなか単語に手がつかなかったという人も、

ぜひ体験してみてください。

 

新年度招待講習についてはコチラから→http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/spring/

資料請求はコチラ→http://www.toshin.com/form/shotai_seikyu_es/