12月 | 2020 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ 2020年12月の記事一覧

2020年 12月 20日 冬期講習締め切りまであと5日!

 

 

皆さんこんにちは!担任助手3年の長島です。

12月も後半になり、朝と夜だけでなくお昼もとっても寒い時期になりましたね(>_<)

風邪をひかないように、しっかり防寒対策をしてくださいね。

 

東進生は、もう受験に向けて頑張って勉強をしていますね!

これは、受験を直前に控えている受験生だけでなく、高校1、2年生もです。

もちろんその中でも毎日一生懸命に勉強をしている人も、なんとなくだらだらしながら勉強をしてる人もいると思いますが、早いスタートを切っていることは確かです。

受験の直前になったら誰でも焦るし、不安になることもあると思いますが、少しでも早く真剣に勉強を始めて、余裕のある高校3年生を目指しましょう!

 

このブログを読んで下さった、東進に通っていない人へ

東進では、今冬期講習を実施しています。

申込みができる期限は12月25日までです!

ぜひ、一緒に早いスタートを切りましょう!!

招待講習だけでなく、体験授業もできるので、お気軽にご連絡ください(*^_^*)

 

2020年 12月 14日 受験生にとってラストの模試を経て

担任助手の池谷です!

 

12月共通テスト本番模試、お疲れ様でした!!!!

 

受験生はもちろん当日に自己採点して点数がでたとは思いますが、この時期には点数よりも自分がどこを間違えたのか、どの部分が苦手なのかを分析することがより重要となります。

 

点数が良かったよーという方は、そこで満足しないようにしましょう!本番においては1点でもとれるように貪欲になるのが大切だなと個人的に思っています笑

 

点数が思うようにいかなかったという方、難しいですが、とにかく前を見ることが大切です!私の場合、点数が伸びにくいと言われている国語が高3の12月の模試の時と比べて本番で50点近く上がりました!(これはノンフィクションです。)大の苦手だったのですが、もう一度基礎からたたきなおそうとして問題集を復習したからなのかなと思います。

 

今の時期に基礎に立ち返ることは勇気のいることだと思いますが、勉強法に正解はありません。自分のペースを考えて残りの時間を有効に使ってください!応援しています!!

 

 

 

 

 

 

2020年 12月 4日 明後日は大学合格基礎力判定テスト!

 

こんにちは!担任助手の長島です!

 

皆さん、最近の勉強の調子はどうですか?

明後日は、大学合格基礎力判定テストがあります!これは、共通テストのレベルだと解くのが難しいので、高校12年生向けに作られた模試です!

なので、共通テスト本番レベル模試を受けて「高校3年生と同じレベルの問題なんて解けないよ」と言っている人も、今回のテストではその言い訳が使えないので頑張ってください!

また、今回の大学合格基礎力判定テストを受けて、もっと頑張りたい!と思う人もいると思います。

そのような生徒は、1月にある共通テスト同日模試を受けて、実力を確認してみてください!

 

高校1年生でも、2年生でも受けることができます。

今の自分に足りない部分や、これからどんな勉強をするべきなのかが明確にもなります!

 

まずは明後日の大学合格基礎力判定テストを頑張って、今後につなげてみてください!!

 

2020年 12月 3日 冬期特別招待講習3講座締切まであと8日!

担任助手の池谷です!

 

12月に入りましたね~。もうすぐ待ちに待ったクリスマスですよ!みんなで過ごせていい曲も多いので個人的に一番好きなイベントです。そしてもう一つは冬休み!っていってもまだまだですが、、、笑

 

さて、その他に東進にとって12月は他の重要な意味があります。

 

それは新学年です!東進では12月に学年が上がるというシステムがあります。つまり、学校では高校2年生として扱われている場合、東進では受験生として扱われるということになります。

 

このシステムがある理由は受験生としてのスタートをいち早く切るためにあります。

 

そこで、塾に通いたいけどまだ行こうか悩んでいるという方に朗報です!

 

今年も冬期特別招待講習がやってきましたー!!!!!

 

12月11日までに申し込んでいただくと1講座5コマ分(通常)を3講座、無料で受けることが出来ます!

 

さらに、東進では共通テストレベルの英単語をマスターする講座もあり、その講座も無料で受けることが出来ます。

 

ぜひ、この機会に勉強に力をいれてみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 12月 1日 12月最終模試に向けて

こんにちは。成城学園前北口校担任助手1年鍵山源太です。いよいよ12月に入り、受験が目前に感じてきている人もいるのではないでしょうか。世間はクリスマスや大晦日でワイワイ楽しんでいる中、勉強するのはつらいですよね。私自身も去年の大晦日、いつもなら祖父母の家でのんびりみかんを食べながら「ガキ使」を見ているはずが、東進で千題テストを半泣きで受けていたのを鮮明に覚えています。しかし大変なのもあと少しです。最後まで粘って合格を勝ち取りましょう。

そしてとうとう12月の最終模試が近付いてきました。受験生のみんなにとっては、最後の勝負になる模試だと思います。受験会場に自信を持って行くためにも、自分の実力を100%発揮してほしいです。皆さんそれぞれ目標の点数があると思いますので、その点数を取れるように今何をするべきなのかよく考えてみて下さい。

とはいっても本番で実力を出し切ることってとても難しいことですよね。100%に限りなく近い実力を出すためにはどうすればよいのでしょうか。ここからは去年受験を経験した私なりの考えをみなさんに共有したいと思います。

共有したい事は大きく二つあります。まず一つは、「体調を整えること」です。当たり前だろと思うかもしれませんが、ものすごく大事なことです。なので本番前日は早めに寝て、朝ご飯をそっかり食べる!          

そして二つ目は、「気負わないこと」です。これは特に男子に多い傾向があるとおもいますが、「絶対合格してやる!」「満点とったる!」と変に気合がはいってしまい、逆効果になってしまうことです。気合がはいるのはいいことなのですが、入り過ぎて気負ってしまうと絶対に空回りします。大事なのはとにかく「平常心」。過去問を解いている時と同じ気持ちでやればいいんです。「平常心」で問題を解くことが合格に導いてくれます。

私自身の意見ではありますがこの二つが出来ればきっと大丈夫です。みなさんの残りの受験生活を心から応援しています。