この時期の受験生の勉強法③ | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2018年 12月 15日 この時期の受験生の勉強法③

 

こんにちは!

担任助手3年生の田中龍之介です!

今回は「この時期の受験生の勉強法」についてですね。

早稲田大学文系学部に入った経験からいろいろ書いていきたいと思います!

 

体調を気を付けるのも実力のうち

いやぁ、、寒いですね…(毎回寒いって言ってますね)

本当に風邪には気を付けて下さい!ね!!

最近はニュースでインフルエンザで学級閉鎖なんてよく聞くようになりましたし、

本当に手洗いうがい、予防接種は抜かりなくして欲しいなと思うところです。

 

そんな中、受験生はいよいよラストスパートの時期ですね。

受験まであと少し。なにしたらいい?

一番大切なのは、人よりも効率的にやるか、です。

というのも、この時期なんてみんな頑張るんです。

ここまでやってきたのにいい結果がもらえないなんて嫌だ、と思うのは当たり前です。

 

では、そうした熱量だけで受かるか。

 

 

いいえ、残念ながらほとんどの場合無理です。

 

時間やっているからいい、友達と情報交換してやっている気になっているからいい。

沢山やっているから、友達との休み時間は1時間くらいゆっくりとりたい。

 

 

そんなの甘えです。

 

 

自分はどうしても成績が伸びきらず浪人を経験しました。

なぜ浪人なんかするんでしょうか。

・成績が伸びきらない、がむしゃらなだけで勉強をしている。

または

・スタイルに問題がある。

後者に当てはまっているなら親に悪いし、一生受からないので変に傷つかないうちに受験なんてやめた方がいいです。

 

 

でも、ここまでスクロールして「受かりたい!」と強く思う、

または「変わらなきゃ」とおもったみなさんはここからが勝負です。

 

 

①この時間は本当に必要か?と一つ一つの行動について考えること

②この時間はどのくらい短縮できるかを考えること

③何の科目の、どれが、どのくらいの量があって、いつまでに終わらせたい。そのために○○なくらいやっていればおわりそう。

 

③については東進で散々言われてきたと思いますが、

①②についてはまだまだ甘いところがあるかもしれません。

休みたい気持ちや不安な気持ちもほんっとに分かります、、。

でも、ここからが勝負なんです。

 

応援してくれている両親や、

一緒に頑張っている友達、

もっと言えばこれまで頑張ってきた自分へ

しっかりと結果として答えるために最後はばちっと決めてやりましょう!!!

 

では!!