ブログ | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ 

2018年 8月 20日 模試への準備の仕方、やるべきこと

 

みなさんこんにちは、中央大学2年の平岩です。

若干暑さに落ち着きが出て来ましたが、急な気温の変化で体調を崩さないように気をつけてくださいね。

さていよいよ8/26のセンター試験本番レベル模試まで1週間を切りました。準備は整ってますか?

 

今日は現役の頃に平岩が行っていた模試前の準備の仕方についてお話ししたいと思います。

 

まず模試の直前にやるべきことは、

日頃の学習時間における「演習」の割合を増やすことです。

 

今まで過去問を1日に二、三問しか解いていなかったのなら四、五問に増やし問題に慣れることが大切です。

センター試験は問題を解くための時間配分や大問ごとに解く順番がとても重要なので、自分にあった順番、時間配分がどんなものなのかこの1週間で確認しましょう。

 

それと演習によって苦手範囲を把握しておくことも大切です。

今まで蓄えに蓄えた知識は使わなければ無用の長物として無駄になってしまいます。インプットした知識がしっかり覚えられているのか演習によるアウトプットで逐一確認しましょう。覚えてきれていない、もしくは覚えにくい範囲を今のうちにピックアップしておいて試験直前に復讐することで点数が効率よく伸ばせます。

 

ひとまずこの1週間でどれだけ演習問題を実施できるかが鍵です。

基礎勉強と両立して取り組んでいきましょう。

 

それでは!

2018年 8月 16日 集中力がきれた時の対処法

こんにちは!
担任助手4年の伊藤です!

 

集中力が切れた時の対処法について

今日も集中力が切れた時の対処法についてです。

夏休みは長時間勉強をするため、どうしても集中力が切れてしまいますよね…

そんな時どうすればいいのでしょうか?

僕が受験生のとき意識していたことは、

「暗記科目」と「考える科目」をやるタイミングを工夫することで、集中力が切れた時も対処していました!

 

 

 

具体的に言うと…

「暗記科目」とは理科や社会のような科目

「考える科目」とは英語、国語や数学のような科目

です

集中力が切れた時はどうしても考える力が低下してしまうため、「考える科目」をやると非効率的な時間の過ごし方になってしまいます。なので、考える力をあまり必要としない「暗記科目」をやることで、集中力が切れた時の対処法としていました!

集中力が切れる、というのは誰にでも起こることです。集中力が切れない方法を探す、というよりも、それをどのように対処していくかについて考えていきましょう!

2018年 8月 15日 センター試験過去問の進め方④

こんにちは!!!
担任助手2年の佐名川です。
夏休み暑い日が続いてますね。
夏バテしないように夜はしっかり寝て、朝早く勉強するようにしましょう。
 
今日はセンター試験の過去問の進め方です。
3年生は現在。センター試験の過去問を進めている最中だと思います。
センター試験について難しいと感じる人とそうとは感じない人もいると思います。
 
自分は受験生のこの時期、部活を引退したばっかりで、真剣に勉強しはじめて間もなかったこともあり、
とても難しく感じました。
過去問を解いても全然点数が取れず、とても悩んだおぼえがあります。
しかし、そこで東進の担任助手にセンターの過去問を解くのは止めるなと言われたため、夏休み毎日解き続けました。
 
もちろん復習やインプットも全然足りていなかったため、人一倍やりました。
それでもセンター試験の過去問演習をやめ根くて良かったと思っています。
インプットや復習というのはやっているだけで勉強した気になれます。
でもそれだけでは問題を解く力はついてません。
演習と基礎を固めることを同時にやることによって解く力もつくし、自分の復習の仕方が本当にあっているのかの確認にもなります。
 
今点数が取れなくて悩んでいる人がいるなら、辛いかもしれないけど毎日絶対に解きましょう。
そっちのほうが点数がのびるのが早いと思います。
 
夏休みは頑張り時です。
自分のマックスを 出すときです。
受験が終わってから後悔することの無いような夏休みにしましょう。

2018年 8月 13日 センター試験過去問の進め方

こんにちは!

担任助手の吉田駿です!

最近は暑くなって来ましたね!夏バテしないように栄養のあるものをたくさん食べてたくさん寝るようにしましょう!

さて今日はセンター試験過去問の進め方について書きたいと思います!

センター試験は1月にある全マーク式の大事な試験です。自分も緊張して一科目目は手が震えてました笑

そんな試験でしっかりと結果を出すには早め早めの対策が必要です!

センター試験を夏休みの間に主要科目10年分しっかりと実施しましょう!

しかし、部活をまだ引退していない人もいると思います。ぽくもそうでした。

そういう人は時間的に厳しいと思うので夏の間に基礎的な勉強をたくさんして基礎を固めましょう!

そしてその一環としてセンター試験を利用するといいと思います!

2018年 8月 10日 センター過去問の進め方②

おはようございます!

元気に朝から開館しています、明治大学理工学部3年小野寺晴香です。

最近は台風の影響もあって天気が悪い日が続いていましたが…

今日からまた暑い日が続きそうですね。

体調管理には気を付けてください!!

 

さて、今日は「センター過去問の進め方」についてお話したいと思います。

私も昨日の岡村君と同じで国公立理系志望だったので教科数がかなり多くて大変でした><

なので、夏休みは国数英を優先にして特に私は理系なので英語と数学を重点的にやっていた感じです。

夏休みに国数英の基礎を固め、2次の演習を始めると同時に社会と理科の演習量を徐々に増やしていきました。

また、既にやっている人も居るかと思いますが…

大問別演習も私は活用していて、本試を解いた後に特にできなかった分野を大問別演習で強化していました!

センター試験本番レベル模試まで後2週間少し、夏休み悔いのないように思う存分勉強して下さい!!

校舎は7時から空いているのでどんどん使ってくださいね。