ブログ | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ 

2020年 8月 11日 受験生時代の夏の思い出①

お久しぶりです!担任助手一年の中野宏志です。

八月に入り、暑さも本格化してきて辛い日々が続きますが、夏は受験において他の受験生に大きく差をつけるチャンスなのでめげずに頑張っていきましょう!

今日は受験生時代の夏の思い出について話したいと思います。

僕は七月に部活が終わってそこから夏休みが終わるまで僕が意識していたことは主に二つあります。

一つ目は予定を立てることです

夏休みに入って最初にしたことは一か月の予定を立てることです。(先々週皆さんに面談で書いてもらった有言実行シートみたいなやつです。)

それと毎日夜寝る前に翌日にやる勉強を紙に書いてまとめるという作業をしていました。

なかなか楽しいことがなくひたすらに勉強しなければならないこの時期は、このリストの終わったものにひとつずつ線を引いて消していくということに喜びを見出すことが出来るのでお勧めです笑

二つ目は自分の勉強時間をタイマーで記録することです

僕は勉強を始めたらスマホのストップウォッチをオンにして休憩に入ったらオフにするという感じで一日の勉強が終わったときに自分の目標時間を超えているかを確認していました。これもゲーム感覚で楽しみと喜びを勉強の中からみいだすことが出来ると思うので是非実践してみてください!

2020年 8月 10日 受験日の話!

こんにちは!担任助手一年の松永です!

連日暑い日が続き、汗とマスクの蒸気で前髪が常にしなしなです(-.-)

 

最近はまじめな話が続いていたので今日は少しブレイクタイムです。

ここ数日は校舎に集まって過去問演習会を行っていますが、皆さん調子はどうですか?

問題集など日々の勉強とは違い、過去問は緊張感もあったり、普段よりも受験本番を強く意識して勉強できると思います。

今日は私の受験当日の話をします。

私国立志望の理系受験生でした。

そのため一番最初の受験はもちろんセンター試験でした。当日は雨の降る寒い日でした。

センター前日にも校舎で社員さんや助手さんに応援していただきましたが、当日会場近くにも助手さんが来てくれて嬉しかったです。そんなこんなで割と気楽に会場に向かったつもりでしたが、会場につくと本当に倒れそうなくらい緊張しました笑

受験会場には早めに向かったので、入場時間まで待合室で待ちました。待合室には同じ学校の子もたくさんいましたが、そこにいる子全員がとても頭がよさそうに見え、さらに緊張しました。

いざ入場できる時間になっても、運営の方が受験票をひとりひとり確認していくので、雨の中ずっと外で並びました。靴も靴下もびしょびしょになりました笑

やっと入場でき、自分の受験番号の教室にいくと、入り口に座席表があり、なんと私は一番前のど真ん中(試験監督者の前)でした。100人以上いる教室の最前列どセンターです笑。こういう「まさか!」みたいなことも意外と起こります。

試験が始まってからはあっという間です。皆さん模試でも時間はすごく早く感じると思いますが、本番は比じゃないくらい早かったです。リスニングで機材トラブルが起こってしまった子がいて試験中に教室がざわざわしたりもしましたが、いろいろありながらも本当に一瞬で一日目が終わりました。

そしてここからが本当に大変でした。最後の科目を受け終わってから会場を出るまでに盛らずに60分かかったのです。校門まで本当に大行列でした。疲れて早く帰りたいのにずーっと並びます笑

センター二日目は、昨日の今日だったのでそこまで緊張せずに受けることが出来ましたが、相変わらず一瞬でした。

予備校などのCMにあるような、受験会場でこれまでお世話になった両親に感謝したり、つらかった日々を回想したりする暇はないくらい早かったです。(もちろんお世話になった両親などなどたくさんの人に感謝はしています笑)

センターはざっとこんな感じです。他にも休憩中に勉強している人、寝ている人、映画を見てる人、ゲームをしている人などいろんな人が居ます。また、模試とは違って本番は休憩時間がとても長いのでトイレが行列で間に合わないということはなかったです。安心してください笑

 

とにかくたくさんの受験生が集まるので予想外の行動をとる人がいたり、ハプニングが起きたりとにかくいろいろありましたが、受験本番は模試より何億倍も楽しいので、その日を楽しみにしながら今は勉強を頑張ってください。

このブログで少しでも皆さんが本番をイメージし、今頑張ることに繋がれば幸いです。

応援しています!

 

松永萌子

 

ps. 本当は二次・私大の話もしようと思ったのですがだいぶ長くなってしまったのでまた後日にします(^^)

2020年 8月 9日 基礎と応用のバランス

こんにちは!担任助手2年の飯守です!

梅雨があけたなーと思ったらいきなりめちゃくちゃ暑い夏がやってきました。。。

最近は換気のために窓があいていることも多いのでなかなかエアコンも効いてくれません、普通にきついです。

ただ受験生の皆さんはいろんな状況の中本当に頑張っていると思います!常に上を見据えて継続しましょう!

今日は受験を見据えた実力をつけていく中で、基礎と応用をどのように両立していけばいいのかについてお話します。

基礎を固めるべきなのか、応用に進んでいくべきなのかというのはみな悩む大きな問題です。

例えば英語なら、文法を固めてから長文に進むべきなのか、それとも一気に入試問題に取り掛かった方がいいのか…といった具合で、悩むことが多いと思います。

この問題に対する私の考え(個人的意見)は…

勇気をもって応用問題に取り組むべし!!!です!

もちろん基礎ができていなければ難しい問題を解くのは大変です、しかし演習ならいくら間違えてもよいのです。

入試本番までに必ず基礎は身につけてほしいですが、それまでの演習でいくら間違えても問題ありません。解答解説をしっかり参考にして基礎も、応用問題を解く技術も身につけてしまえばいいのです!

間違える勇気が大切だと思います!過去問演習で点数がなかなか伸びないと不安になると思いますが、必要以上に怖がらないようにしましょう。間違えたところは一つ一つ解きなおしていけばよいと思います!

暑い夏が続きますが、勇気をもって圧倒的な演習量を積みましょう!応援しています!

 

 

2020年 8月 8日 本番を意識した勉強を

こんにちは!

最近おいしいラーメンを食べたい欲が止まらない担任助手一年の谷です!

 

梅雨が明けたと思ったら急に暑くなってきましたね、、。コロナ対策も大事ですが、皆が言っているように水分補給もこまめにしましょうね!

 

さて、今日は普段勉強するときに意識してほしいことについてお話していきたいと思います。

今日の話は特に受験生向けになります。

 

題名にもある通り、受験生にはいつ何時も本番を意識した勉強をしてほしいです。

 

最近三年生は過去問に毎日追われていますよね。

ところでみなさん過去問は何のためにやっているか知っていますか?

 

なんとなくわかっているとは思いますが、それぞれの受験校の問題に対策するためです

大学によって入試の問題の傾向はかなり違います。

そのため、自分の志望する大学の入試問題にはどのような傾向があるのか分析する必要があります。

だからこそ、みなさんは今過去問をやっているのです。

 

要するに何が言いたいかというと、「過去問を無駄にしない」ということです。

過去問を解いて、復習して終わりではなく、どういった傾向があるのか分析するところまでが過去問演習です。

ぜひそのことを念頭に置きながら過去問に取り組んでみてください。

 

二つ目として、みなさんには入試問題を解くということに慣れてほしいです。

2月に入ったら入試が二日連続であることもしょっちゅうあると思います。

実際大学に行って、入試問題を受けることは想像以上に体力を使います。校舎で過去問解くこととは比べ物にならないです。

 

だからなるべくその体力を受験前につけたいのです。

 

そのために、3日連続で実際の試験と同じ時間に過去問解く日を作るなどといった工夫を出来るといいと思います。

 

今のうちに本番を見据えた勉強方法を始めて、受験当日に自信が持てるようにがんばりましょう!

暑さに負けず、毎日全力で!!!

 

2020年 8月 7日 迷ったら挑戦!

こんにちは!担任助手3年の鈴木凜です!

最近、急に暑くなってきましたね、、、感染症対策に加えて、熱中症対策も。こまめに水分補給をするようにしましょうね!

今日は、いつも勉強の話ばかりになってしまうので、勉強面ではないメンタル面の話をしようと思います。

タイトルにもあるように自分は『迷ったら挑戦!』ということを意識して、あらゆることに取り組むようにしています。

皆さんは、これまでの人生で、”やらなくて後悔したこと”はありませんか?習い事や高校受験、もちろん普段の生活の中でも、誰しもがそういった経験があると思います。

やらない後悔は、全力で挑戦して、失敗したときに比べて、やるせない気持ちが残りますよね…

自分は高校を卒業する時に、『迷ったら挑戦!』という話を、高校の恩師の方からされました。

それ以来、何かチャンスがあれば貪欲に、前向きにチャレンジするようにしています!忙しくなることはありますが、「あの時、ああしていれば、」という後悔はしなくなりました。

なので、高校生の皆さんにもぜひ意識してほしいです!!

部活も第一志望校も一度決めたら、全力でやりきること。

高校生の皆さん1人1人はものすごいエネルギーに満ちていて、その可能性は無限大です!これは僕が三年間東進でさまざまな生徒を見てきて感じたことです。

このブログを読んでくれた人の中で少しでも、悩んでいること、迷っていることがある人は、とにかくチャレンジすることを意識してみてください!

皆さんに『不可能』なことは何1つないと思います。

 

今回は以上です!8月もまだまだ始まったばかり、よいスタートを切った人も、少し出遅れてしまった人も、夏はまだまだこれから。全力で駆け抜けて、最高の夏にしましょう!

 

鈴木凜