ブログ | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ 

2019年 3月 9日 新3年生のこの時期の過ごし方

こんにちは!!

横浜国立大学理工学部二年、担任助手の新宮です!

今日は新3年生のこの時期の過ごし方についてです!

学校の定期テストも終わり、そろそろ春休みが始まる人が多いと思います。

新高3の人は三年生になる最後の長期休みなのでやることを明確にしていきましょう!

具体的には、今まで学習したことを復習することをやるといいと思います。

理系に関しては、数学ⅠA、ⅡBの復習をお勧めします。3年生になると数Ⅲをやらなければなりません。そうなると数学ⅠA、ⅡBに割く時間が取れなくなるので今のうちにやっておきましょう!!

2019年 3月 8日 担任助手を始めた理由②

【担任助手を始めた理由】

こんにちは!中央大学文学部人文社会学科3年の平岩です!

 

今日は僕が担任助手を始めた理由についてお話したいと思います!

いよいよ僕も4月から大学4回生になるわけですが、このテーマについて話すことによって気持ちだけでも原点に立ち返って若さを取り戻したい限りです!!

 

さて、僕が担任助手を志望した理由は大きく分けて以下の3つです!!

 

①校舎への恩返し

②助手への憧れ

③勉強法の伝授

 

一つ一つ説明していきますね!

 

【①校舎への恩返し】

まずはこれが一番ですね。志望校合格判定が絶望的に悪かった自分を第一志望校合格まで導いてくれた担当の助手の方と、勉強環境を提供して下さった東進への恩返しがしたいというその気持ちが何よりも大きかったです。

 

まだすべて返し切れているとは言えませんがこれからも校舎に貢献して現役時代に受けた恩恵を返していきたいですめ。

【②助手への憧れ】

これも僕が助手を始めるにあたって重要なきっかけとなりました。というのも僕は都立狛江高校の出身だったのですが、東進ハイスクール成城学園前駅北口校には僕同様に狛江高校出身の担任助手がたくさんいたんですね。

 

僕の現役時代の担当助手の方もそうでした。

同じ高校の出身者である先輩方の姿を見て、「自分もあんな風にかっこよく仕事してみたいな」と感じ、その気持ちに正直に従って志望しました!

 

【③勉強法の伝授】

これは、助手になってからふつふつと湧いてきた後天的な気持ちです。

どういうことかというと、「あんなに成績が壊滅的だった自分でさえも第一志望に合格できたのだから自分の勉強法ならみんな大きく成績を伸ばせるのではないか?」という考えがあったのです。

(今振り返ってみるとなんて押しつけがましい考えなんだと赤面物ですが、それでも当時は本当にそう思っていました笑)

 

自分の勉強法についてグループ面談を担当する生徒に伝授し、生徒全員を第一志望校合格へと導いてみせるぞ!とみなぎっていました笑

 

以上の3つが僕が担任助手を始めたきっかけとなります!

いかがでしたか?

 

また明日も同じテーマで別の担任助手が話をすると思うのでぜひお楽しみに!

それでは!

2019年 3月 7日 担任助手を始めた理由

こんにちは!!

担任助手2年の佐名川です。

3月も始まり、この4月から大学生としてスタートを切る人もいるんではないでしょうか。

自分は2年前大学に進学する際にこの担任助手という仕事を始めました。

自分がこの仕事を始めた理由としては自分の中で受験に対してすごく後悔があったからです。

自分は高校3年生になってから受験勉強を始めました。

その時はそれが普通だと思い込んでおり、東進にその時期にう何食わぬ顔入っていきました。

しかし、そこから一年間受験をやり、受験を終えてみて一番最初に思ったことはなんでもっと早く勉強を始めなかったのだろうかということでした。

いくら後悔しても自分の高校生活をやり直すことはできません。

しかしこれからの高校生の高校生活は変えられると考えました。

そこで自分は担任助手として高校生とかかわり、自分が出来なかった選択を今の高校生にしてもらうためにこの仕事を選びました。

今、自分がどれだけ生徒に対し影響を与えられているかわかりません。

この先自分のような後悔をする高校生が一人でも少なくなるようにこれからも仕事を全うしていきたいと思います。

 

2019年 3月 5日 春休みの目標は決めましたか?

こんにちは!!

担任助手3年の松倉です!!

 

最近は雨が降るととても寒いですが、晴れた日はぽかぽかしていて過ごしやすい気候ですね!(花粉症はちょっとつらいけど…)

 

さて、今日の話題は「春休みの目標は決めましたか?」です!

まだ学校の定期試験に追われている人も多いと思いますが、

定期試験が終わるとあっという間に春休みがきます!!

学校が休みになると遊びたくなる気持ちはとてもよく分りますが、

その間でも大きく差は付いています。

”遊ぶな”と言いたいわけではなく、

”遊ぶときは遊ぶ!” ”勉強するときは集中して頑張る”

このけじめを大切にしてほしいと思います!!

 

ただ漠然と勉強といわれても目標がなかったら困ると思うので、

定期試験が落ち着いたらゆっくり考えてみてください!!

 

例えば…

高速基礎マスターを3月末までに英文法750まで完全修得させるとか

数学の苦手分野を数学計算演習で復習してみるとか

何でもいいと思います!!

期間を決めて目標を達成させたとき、

必ず何か得られるものがあると思います!!!

 

 

校舎も春休み期間は3月19日から開館時間が8時30分になるので

是非活用してくださいね!!!

2019年 3月 1日 模試後にやるべきこと④

【模試後にやるべきこと④】

 

こんにちは!

中央大学文学部人文社会学科日本史専攻3年の平岩龍司です!

 

今日も昨日と同様、「模試後にやるべきこと」のテーマに沿ってお話ししたいと思います。

 

とは言っても、昨日のブログ担当者の小野寺同様、僕も模試後に一番やるべきことは「復習」だと思っています。

 

ですので今日は「復習の具体的なハウツー」についてお伝えします!

 

①間違えた分野・範囲をまとめておくべし

まず模試で間違えた範囲と分野をしっかり記録しておきましょう!!

 

なぜこれが重要かというと、「次回以降受験する模試において弱点を把握した状態で臨むため」です

 

冷静に考えてみてください。

例えば今回のあなたの模試の結果が振るわなかったとします。

そして次回の模試に向けて勉強をするとしましょう。

 

もしその時に「今回間違えた分野・範囲」を把握していない状態で

ひたすら全分野復習するのではとても効率が悪いと思いませんか?

 

なのでまずは「自分の弱点」をしっかりノートなりにまとめておいて復習を効率的に行いやすくしましょう。

 

(ちなみにこの弱点表は模試直前の詰め込み期間でも役に立ちます。

模試の前日に自分の弱点を補強しておくだけでも点数に如実に表れます。ぜひ活用してくださいね)

 

②「わかってそうでわかっていなかった」ところを集中して復習すべし

今回あなたが間違えた問題は

「まだ習っていない事」、

「習ったのにうろ覚えだった事」、

「習ったけど苦手すぎて根本が理解できていない事」

の3つに大きく分類されると思います。

 

一つ目の「まだ習っていないこと」は全然解けなくても問題ないです。だって足し算を習ったばかりの小学生が割り算の問題を解けなくても誰も不思議じゃないでしょう?次元としてはそれぐらい当たり前のことなのです。だからここに関しては解けなかったからと言って悔しがることはありません。

 

三つ目の「苦手すぎて根本が理解できていないこと」も大丈夫です。まずそのレベルで苦手な分野であれば、模試の復習などではなく、受講や確認テストをしっかり受けて基礎から立て直しを図りましょう。

 

模試の復習において徹底的に見直しを測って欲しいのは二つ目の「習ったのにうろ覚えだったこと」です。

ここは「覚えていたと思っていたのに覚えていなかった」分野です。

 

ここは普段の学習量が足りなかった影響でさび落ちてしまった範囲です。もともとは覚えていた、理解できていたというが多いです!なので復習を行えば存外簡単に定着しやすいです。

 

ズバリ模試後の復習はここを中心に行いましょう!比較的短時間で大幅得点向上が望めます!!

 

③五感を刺激して復習すべし

じゃあ復習する分野や範囲が理解できたところで、復習する方法についてもお伝えしましょう!

 

これはもちろん「音読」です。

 

皆さん音読がなぜ学習方法の最適解なのかご存知ですか?

それは音読が「五感を刺激する学習」だからです。

 

 

普通の学習法はノートに筆記するだけということが多いですが、これでは目で見て取り込んだ情報を「書き写す」という一つの作業のみで完結してしまいますが、音読の場合、目で見た情報をノートに書き写した上にさらにそれを声に出し、さらに発声した自分の声を聴くことで、ただ書き写すよりも多くの五感を使用することが出来ます!

 

五感を刺激することのメリットとして「より多くの刺激を脳みそに与えられる」点があります。

脳みそは結構単純なので、繰り返し繰り返し入ってくる(刺激が与えられてくる)情報を優先して覚えようとします。なので何かどうしても覚えられないことがあったなら、目、口、耳と多くの器官を使って覚える努力をしましょう!

 

ということで平岩が紹介する模試後の「復習」方法でした!

いかがでしたでしょうか?もし音読の仕方などで質問があれば校舎にて受け付けますので、ぜひ来てくださいね!

 

それでは!!