センター試験直前期② | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2019年 1月 6日 センター試験直前期②

こんにちは!

横浜国立大学理工学部二年、担任助手の新宮です!

 

センター試験まであと13日ですね!体調管理に気をつけましょう!服装の防寒対策はもちろん、校舎でもホームクラスが寒かったり暑かったりしたら遠慮なく担任助手に教えてください!

 

さて、センター試験が迫ってきており、受験生は緊張感が高まってきていると思いますが、万全な対策をするように最後まで尽力してほしいと思います。

僕は二年前にセンター試験を受けたわけですが、受けてみて強く感じたのは最後までやり切る大切さです。僕のように国立志望の人は明確に目標点を定めるため、ある程度どの教科でどのくらいの点を取るかを想定して臨むことと思います。しかし、100%その想定通りに点をとれるとは限りません。僕の場合、数学Ⅱ・Bで大問の序盤の問題で躓いてしまい、想定通りに解くことが出来ませんでした。数ⅡBの試験が終わった時点で目標より20点ほど下回ったのではないかと思い、ネガティブになり、半分あきらめかけました。しかし、どうせなら最後までやり切ろうと思い、残りの理科二科目はどうにか受け切りました。その後、家に帰って自己採点をしたら、数学は目標よりも10点も下回っておらず、許容範囲内でした。今振り返ると、本番の緊張感のなかで、一つもミスをしたくないという気持ちから、1つのミスをとても重大に感じ、そのミスが他の間違えも引き起こしていると思い込んでいました。気持ちは沈んでも、最後まで全力で解いてよかったと思っています。こういった思い込みは本番の極限状態でこそ起こりうるものです。なので、本番を控えている受験生はこういった思い込みもあるのだと認識して、ミスをしたとしても決してあきらめず、最後まで全力で解ききってきてください!!

 

応援してます!!いってらっしゃい!