夏休みの過ごし方③ | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2018年 8月 5日 夏休みの過ごし方③

 

こんにちは!!

早稲田大学教育学部3年の田中龍之介です。

今回は夏休みの過ごし方ということで、僕の受験生時代の過ごし方について書きたいと思います。

 

 

実は僕は1年間浪人を経験していました!

なので、その時の過ごし方を知ることで、「難関大志望者が浪人生と戦う」ということを知ってもらいたいと思います。だから浪人生分析みたいな感じですね。

 

浪人生が意識していることとは?

特に僕が意識して実行したことは3つです。

浪人生の夏休みの過ごしかた其の①

「1日15時間勉強」

浪人生の夏休みの過ごしかた其の②

「1週間の学習を30分おきの細かさでたて、毎週末に振り返りを行い予定をブラッシュアップする」

浪人生の夏休みの過ごしかた其の③

「毎週末に過去問演習を行い、週ごとに自分の課題点と向上した点を明確にする」

 

当たり前といっちゃ当たりまえですが、そうした当たり前の習慣や振り返りを丁寧に行うことで、だんだんと予定の質が上がっていきます。

 

 

イマスグできることって?

「浪人生に勝つまではいかないけれど、がんばります!!」という意見はよくありますが…

個人的には

 

 

 

 

「甘い。」と言いたいです。

 

 

 

 

受験に浪人も現役も関係ない。関係あるのは本番の得点のみです。

ならば勝つしか無いんです。

そのために、今すぐ意識できることとは、まず

「自分の課題点がいつも頭の中にあり、聞かれたらすぐ言えるような状態であること」

「今日やる勉強を聞かれたらすぐ順番通り答えられること」

の2点が主なすぐ意識できることだと思います。

なぜなら、すぐに言えないことは自分で自分の課題として捉えられていないからです。

なので、必ずここは意識するようにしましょう。

 

できるなら浪人生が実行してる当たり前の3つも必ず実行するように。

 

 

最後に…

最後まであきらめず本気で立ち向かった人が勝ちます。

人にマウント取ったり弱音を吐いている人に自分がなってはいけません。

しっかり考えて勉強すれば必ず合格を勝ち取ることが出来ます。

考え抜いて、しっかり合格してくださいね。

 

 

 

 

以上!!