大学で学んでいること① | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2019年 2月 3日 大学で学んでいること①

 

みなさんこんにちは、担任助手1年の長島です!

今日、成城学園前駅北口校では9時から塾内合宿が行われていて、高校1,2年の生徒が高速基礎マスターの習得に励んでいます。

みなさんは、新学年になるにあたって、勉強の準備は進んでいますか?

勉強を頑張るときに、夢や目標を持つことはとても大事なことです。

私は高校生の時、大学がどんなことをする場所なのか、大学生がどんな勉強をしているのかわからなかったので、今日はみなさんに私が大学で学んでいることを紹介します。

私は立教大学の文学部に通っています。

進学が決まった時、大学にはいったら文学についてだけを4年間学ぶんだと思っていましたが、実際は全然違いました。

もちろん、日本の文学についてや、英語、第二外国語の勉強もしますが、それだけではありません。

文学部でも、観光学や心理学、経済学など様々な分野の授業を受けることが出来ます。

文学を学びたくて文学部にはいったので、その他の分野について専門的になりたいとは思っていません。

なので、文学を中心的に学びつつ、いろいろなことを広く浅く学ぶことが出来るのがすごく楽しいです!

高校までとは違って、自分で時間割を決めるので、自分で自由な時間を作ることもできて、毎日が充実しています。

 

行きたい大学でやりたいことをしている自分を想像してみてください。

わくわくしませんか?

ぜひ、理想の大学生活をたまに想像しながら、受験勉強に励んでください!