模試の復習方法① | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ

2018年 12月 18日 模試の復習方法①

こんにちは!担任助手4年の伊藤です。

 

今日は「模試の復習方法」について話をしていきます。

 

先日行われた、「12月最終センター試験本番レベル模試」の自己採点結果はどうだったでしょうか。

努力の成果が出た人もいればそうではなかった人もいると思います。

 

しかし、今回の模試において、いや、すべての模試において結果以上に重要なことは、

その模試を復習するか、しないか

です

 

模試は、特にセンター試験本番レベル模試においては、分野ごとの基礎の出来不出来を測ることが出来る測定器です。

つまり、できなかった問題を復習するということは、自分の苦手分野を補強することになるわけです。

 

さて、本題の「復習方法」についてですが、自分が受験生時代にやっていた方法を伝えたいと思います。

まず、英語の文法問題についてはすべて復習用ノートにまとめました。まとめることで自分のデータベースを増やすイメージで復習していました。

次に英語や国語の読解問題については、間違えて選択した根拠に線を引き、なぜ選択したのかを明確にします。そのうえで正解となる選択肢の根拠についても線を引いて、誤った選択肢と正しい選択肢を比較して、なぜ間違えたのかを分析するようにしていました。

 

復習方法は人によってさまざまだと思います。ただ一つ全員に共通していることとしては、「次同じような問題が出てきた時に絶対に間違えない」ということだと思います。

 

今回の模試を成績アップの契機にしていきましょう!!