正月特訓について | 東進ハイスクール 成城学園前駅北口校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 5日 正月特訓について

皆様、あけましておめでとうございます。

 

 

担任助手4年の飯守です。

 

 

本年もよろしくお願いします。

 

 

本日は、1月1日から2日にかけて実施された、東進ハイスクール恒例の受験生対象正月特訓についてお伝えいたします。

 

 

正月特訓は、特に英語力を伸ばしたい受験生向けに、英語の講座(録画とLIVE配信双方)と演習を実施するものです。今年は周辺の数校舎を集め、新百合ヶ丘校にて開催されました。

 

 

個人的に考える正月特訓の2つの特徴は、①息つく暇もない濃密な学習スケジュールと、②スタッフとの熱いコミュニケーションだと思います。

 

 

本日はそんな正月特訓の2日間の様子をお伝えします!

 

 

1日目

 

 

元日にも関わらず、多くの生徒が朝から登校してきました。

 

 

まずは開講式が行われ、運営スタッフから生徒へ熱い言葉が投げかけられました。正月特訓ならではの光景です。

 

 

開講式の熱気はそのままに、各生徒は映像受講に取り組みます。

 

 

今回は生徒ごとに細かく時間割が分かれており、主に映像受講→トレーニング問題を自力で演習・採点→確認テスト→LIVE配信型の授業という流れになっています。

 

 

講座の合間や確認テスト後には、スタッフからの熱いゲキが飛びます。

 

 

息つく暇もなく昼食の時間を終え、生徒は午後も学習に取り組みます。

 

 

午前中は少し眠そうにしていた生徒も、だんだんと目の色を変えて取り組んでくれるようになりました。満点を取れなかった生徒はとても悔しがっています。

 

 

1日目最後のHRでは、復習をしっかり行うことと、しっかり休むことを伝え、1日目が終了しました。

 

 

2日目

 

 

2日目は、集合時間の45分ほど前から続々と生徒が集まってきました。

 

 

昨日家に帰ってからは、疲れて寝てしまった生徒も多かったようですが、その分しっかり特訓に取り組んでくれそうです。

 

 

1日目と同様、映像受講やテストを繰り返し、進んでいきます。

 

 

昨日は復習方法などに戸惑っていた生徒も、勉強のサイクルそのものに慣れてきて、すごい勢いで音読をしたりするようになりました。

 

 

このように生徒の取り組む姿がだんだんと変わっていくのが、正月特訓の醍醐味です。

 

 

最後は全体の修了判定テストを行い、ラストのHRです。

 

 

スタッフからは、このような濃密な勉強をぜひ続け、受験を最後まで駆け抜けて欲しいというメッセージが送られます。2日間ヘトヘトになるまで頑張ったのにも関わらず、生徒からは、「これからラストスパート頑張ります!」といった元気なことばが出てきました。

 

 

正月特訓を終えて

 

 

最初は「正月から登校か…」と明るくなかった生徒も、目の色を変えて頑張るようになり、正月特訓があって本当によかったと感じました。これくらい濃密に取り組めば、実力も、結果も必ずついてくるはずです。

 

 

受験生へ

 

 

正月からよくやった!けどもう少しの期間がんばろう!

 

 

もうひとふんばり!がんばれ!!受験生!!