7月 | 2019 | 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ 2019年07月の記事一覧

2019年 7月 31日 7月をふりかえって

 

担任助手4年の松倉です!!

時の流れは早いものでもう7月も終わりです…

受験生の皆さんも低学年の皆さんも夏休みを有意義に活用できていますか?

さて今日のテーマは”7月をふりかえって”です!!

夏休み、いいスタートダッシュを切れた人そうではない人、人によって様々だと思いますが、ここで1度振りかえってみましょう!!!!!

受験生の皆さん…

センター過去問演習は進んでいますか?大問別演習を解いて苦手克服はしていますか?修了判定テストはSSにできていますか?受講は受け切りましたか?

低学年の皆さん…

学校の宿題は順調に進んでいますか?東進の受講は普段と比べて多くできていますか?修了判定テストはSSにできていますか?高速基礎マスターは進んでいますか?

良かったところは継続して自分の強みにする悪かったところは反省して次に活かす、月が替わる今が良い機会だと思うので、ぜひ振り返ってみて下さい!!

夏を制す者は受験を制す!!!!頑張って下さい!!!!!!

 

 

2019年 7月 26日 低学年のうちにやっておきたいこと

こんにちは!担任助手1年田中小雪です!

みなさん夏休みをいかがお過ごしでしょうか!

 

今日は、低学年のうちにやっておきたいことについて書きたいと思います

 

まずは何と言っても英語

おそらく低学年のうちはまだ文理を決めていなかったり、志望校曖昧な人が多いと思います

でも英語力は誰にとってもぜっっっったいに必要なので、1日でも早く英語の勉強を進めておくことが重要です!

まずセンターレベルの2000単語くらいは高2までに頭にしっかり入っているようにしましょう

(ある程度単語が入っていると必ずと言っていいほど高3になった時センター模試の点数で周りと差をつけられるので、良いモチベーションで受験生に突入できます)

また英文法も修得に時間がかかるので、なるべく早くから始めるべきです。

そして次に、他の受験生より出来ると強い、社会科目などの選択科目を全範囲1周は学習しておくことをお勧めします!

(私は高2で社会の通期講座を終わらせました。その結果受験本番までに何度も復習することができ、結果的に得意科目となったことで、苦手な英語をカバーしてくれる教科になりました!)

学年が上がるとき、みなさん一度は

「1年間ってあっという間だな」

と感じたことがあると思います。

受験生になってからの1年は想像以上に短いです。

もっと早くからやればよかった。

そんなありきたりな後悔をしないように

この夏からぜひ本気になってください!!

2019年 7月 25日 苦手科目の勉強法について②

こんにちは!担任助手二年の松下です!

昨日今日とだんだん暑くなってきましたね、、東進はとても涼しいので特に受験生は夏休みはしっかり開館から閉館まで勉強しましょう!!

さて本日のブログのテーマは苦手科目の勉強法についてです!

これに関しては人によって苦手な科目が違うので一概に何とも言えませんが、私は現代文がとても苦手でした。読むスピードは遅いし、語彙力もないし、、、と悲惨な状態でした。

そこで私はまず、語彙力を高めるために現代文のキーワード読解という参考書を使って語彙力を増やしていきました。次に嫌いだからと避けてきた現代文の読解問題を一日一題は解くようにしていました。こうすることで徐々に速読力がつき、現代文だけでなく、英長文の読むスピードも速くなりました。(もちろん英単語や英文法の学習もしっかり進めていました。

苦手意識があるからといって避けていてはいつまでたっても点数が伸びないし、苦手意識も払拭できないと思うので、苦手な受験科目には他の科目よりも勉強時間を割くなどして努力するようにしましょう。

 

 

2019年 7月 19日 センターの演習の進め方③

こんにちは!!担任助手2年の岡村隼杜です!!

今日はセンター演習の進め方ということでペースややり方について話していこうと思います!

みなさんセンター対策の過去問演習講座は取ったでしょうか?

講座を取った方はそれを中心に進めていきましょう!

講座の中には大問別演習とういうものがあり東進の過去の模試から大問別で演習することができます!なので自分は平日や時間のない時などは大問別で苦手なところを練習し、土日や時間のある時に普通の過去問の方を進めていきました!

また夏は10年分を進めなければいけないのでなるべく早く進めようと自信のある教科は7月の初めの方から進めていました!

講座を取っていない人たちはきちんと赤本などで10年分やりきりましょう!!

この夏しっかりセンターの過去問の対策をすることで9月以降の2次試験の対策や私大の過去問に手を出すことができます!

他の受験生と差をつけるならこの夏です!!頑張ってください!!

それではまた!!!!

2019年 7月 17日 センター演習の進め方①

こんにちわ!担任助手一年の高橋です!

高校三年生の皆さんはそろそろセンターの演習を始めるころではないでしょうか?

ということで今回はセンター演習の進め方について書きたいと思います。

今日説明するセンター演習の進め方のポイントは、何回も解くということです。

センター試験というのは形式に特徴があり、毎年少しの変化があるといってもほとんどは過去問と同じ形式が出るのです。

例えば、英語では最初にアクセント問題が出て、次に文法が出て、その次からは長文、という風に毎年方が決まっています。

つまり、年数を重ねたり、周回数を増やせば増やすだけその形式に強くなるということです!

夏の間にセンター過去問10年分を1周し最終的に2周出来るように勉強をしていけばセンター本試に焦ることなく挑めると思います。

夏が勝負です!頑張って下さい!