ブログ | 東進ハイスクール 成城学園前駅北口校 大学受験の予備校・塾|東京都 - Part 2 東進ハイスクール成城学園前駅北口校|東京都

ブログ 2020年07月の記事一覧

2020年 7月 25日 一つの事に全力で取り組む重要性

こんにちは。担任助手二年の山田です!!

もうすぐ8月ですね、みなさんどんな夏にしようと考えてますか?

今年は旅行にも行きづらいので、家で過ごしたりする時間が増えると思います

今日のキーワードは一つの事に全力で取り組む重要性です! 

僕は最近大量の課題とオンライン試験に追われているわけですが、今年の夏休みは例年より家にいる時間が長く、自分の時間が結構あります。そんな時間を少しでも有意義なものにするために何かに挑戦することにしました!

僕は、、今年の夏、数検一級合格を目指します!!!!

こう見えて数学がとても好きで、高校時代も時間さえあれば数学を勉強してました。高2のときに自分の数学力を試してみようと思い、数学検定を受けたのがきっかけです。そんなこんな検定があるときに受け続けて、なんと準一級まで取得しました!!

ちなみに数検は一次と二次がありますが、英検みたいに面接はないです。一次は単純な計算問題で二次は思考力が問われるものが出されます。まさに受験でいう共通テスト(旧センター試験)と二次試験のような感覚です。

一級のレベルは大学生、社会人レベルで合格率は5%ほどだそうです。やばい。

過去問を見た感じ、大学で勉強した数学が出ていたいたので夏休みしっかり勉強すれば戦えるのでは と思ってたりします。

 

結局何が言いたいかというと、時間があるときに何か一つでも挑戦してみよう!ということです。ぐだぐだ過ごすのもきっと楽しいでしょう。けどいつか後悔します。あのとき頑張っておけばよかった って。

みんなは受験勉強だったり、学校の授業や課題があると思います。その中で今自分が出来ない事や苦手で逃げてしまっているものに取り組んでみましょう! それが後に宝になります! 頑張っていきましょう!

 

 

夏期招待講習 7月31日締切です!!!

 

 

 

2020年 7月 24日 夏に向けて②

こんにちは!!担任助手1年の吉川です。

早いもので、もう7月後半ですね・・・

もうすぐ8月なのに最近雨ばかり降っている気がするので、早く梅雨が明けてくれないかな~と思う今日この頃です。

 

さて、本日は前回に引き続き、夏に向けてどのような勉強をしていけばよいのかということをお話ししていきます!

何度も何度も言われている事かと思いますが、受験生にとって夏は本当に大切な時期です!!

ここで頑張れるか頑張れないかで大きな差が出てしまいます。

 

私は受験生のとき、丸一日時間がある夏休みにさぼることがないように1日のルーティーンをきめ、それを毎日繰り返すようにしていました。

朝、登校してから3時間は英語、次の2時間で国語の過去問、その後は3時間世界史・・・というような感じで自分なりの時間割をつくっておいたことで効率よく勉強できたと思います!

夏休みだらけてしまいそう・・・という人は是非取り入れてみて下さい!!

 

そうはいっても、今年は夏休みが短くなってまだ普通に学校があるから、夏という実感がわいてない・・・という人も多いと思います。

しかし!!夏休みでなくても、学校があっても、受験生の皆さんにとって今が受験生の夏であることに変わりはありません。

この夏、一生懸命頑張って、秋以降に繋げることができれば、きっと来年の春を笑顔で迎えることが出来ると思います。

夏に向けて、もう一度気合いを入れなおして頑張っていきましょう!!!!

 

 

 

2020年 7月 22日 夏に向けて①

皆さんこんにちは!担任助手一年齋藤凌雅です。

今日は皆さんに夏に向けてのこの時期の過ごし方についてお話ししたいと思います。

あくまで一例なので参考程度にお願いします。

 

僕の高校三年生の夏はこれまでの人生で一番多忙でした(笑)

毎年8月末から最後の大会が始まるため、それに向けて毎日部活をしていました。なので朝から夕方までの時間や

昼から夜までと毎日不規則に時間が制限されるが一番大変でした。

 

そんな僕が夏に向けてやっていたことは夏の目標、予定の設計です。

「は?時間の無駄じゃん」て思った方、ちょっと待ってください!

無計画で夏に向かうのはかなり危険です。夏と一概に言っても、漠然としたまま突入する人も多いと思います。そこで一度カレンダーを見直してみましょう。何かに気づきませんか?

 

 

そう長いんです…

そんな夏に目標、計画なしで飛び込むのは無謀そのもの!

 

 

計画を立てることの重要性を今日はお話ししました。ぜひ今日のことを参考に

効率的に勉強を進めていってくれたらうれしいです!

 

 

2020年 7月 21日 大問分野別演習について③

こんにちは!担任助手一年の鍵山源太です。本日は、「私が大問分野別演習をどのように使用していたか」について書こうと思います。あくまで一つの例として参考にしてください。

私はかなり大門分野別のヘビーユーザーだったと思います。自分の苦手なところを見つけて重点的に演習を繰り返すことができるからです。特に私は英語の大問4番と、日本史全範囲を大量に演習しました。私はグラフや表を読み取りながら長文を読むのが苦手だったので、大問4が私にとって最高の練習材料となりました。また、大問分野別のセンターレベルの日本史は、たくさんやればやるほど基礎から標準までの暗記が定着して私大の問題にも対応できる土台を作ることができました。

もし今の時期、まだ私大の過去問を解く気が進まない人は、ぜひ大問別にチャレンジしてみてください。基礎を固めることもできますし、たくさんやればやるほど多少の応用力もついていきます。

少しずつでいいので、過去問も進めていきましょう!

2020年 7月 20日 大門・分野別演習について②

 

 

みなさんこんにちは!今日もオンラインゼミに参加しながら、なんだかさみしくなってきている塚原です。

やっぱり勉強や研究も仲間と一緒に考えることで新しい学びがあるから、モチベートされるなものなんだなと思っています。

 

さて受験生のみなさんはテスト期間を目前に控え、中間テスト分も上乗せされた範囲に対して必死で勉強しているところでしょうか?

しかし、受験生の夏は始まっていて少し焦りを感じている生徒も多いかと思います。いまだに苦手が撲滅できていない...、まだ共通テストの形式に慣れていない...そんな方に絶対始めてみてほしい大門・分野別演習の使い方を紹介します。

ぜひ読んでほしい対象の方は

・学校の勉強に追われていて過去問に取り組めていない方

・苦手があるまま過去問演習を繰り返している方

・毎回時間が足りなくて、共通テスト、過去問が解ききれない方

以上の方々です。

 

私がおすすめの大門・分野別演習の使い方は

①苦手な分野は自信がつくまで大門別演習を行う

②慣れている分野も大門別で時間短縮して演習を行う

③過去問に取り掛かれない日の安心材料にする

 

特に①②は私自身点数が伸び悩んだ英語の大門3(3人の学生が話し合いする問題)を大門別で練習を繰り返したところ毎回1,2問減点していたところが満点をとれるようになりました!

また数学も積分、英語の長文の時間を短縮することで計算力などを強化することができためです。

③に関しては、学校の課題が多く、まとまった時間が取れない中で過去問への不安が募っていると思います。まずは相手の一部を知ることで徐々に不安が減ってくると思いますので、今少し焦りを感じている人は、15分10分で1つの大門を解くことができるのでぜひ挑戦してみてください!!